読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おそらくは半茶のblog

流行に乗り遅れてはいかん!とブログをはじめてみたおっさんです。

針井探偵事務所(3)

机の傷はモールス信号でもなさそうだ。机の傷が暗号でないとしたら……。ドアが開いた音がした。
「君は人の仕事場で何をしているんだね?」
針井探偵が立っていた。
「いやあ、申し訳ない。君に聞きたいことがあってね。待っていたんだがなかなか君が現れないものだから。しかしなんだな、君の事務所は繁盛しているようだな。次々と依頼者が現れる。私は針井探偵ではないとか、君を待っているだけとか言わせない勢いで、皆ベラベラ喋ったあげく自己完結して帰っていってしまったよ」
針井探偵はあきれた顔で私の話を聞いている。
「ところで警部、君自身は何の用だね」
おや、私は何のために針井探偵を待っていたのだろうか。思い出せない。それよりも机の傷が気になって仕方がない。真ん中の傷は立って飲んでいたコーヒーカップを落としてついた傷のように思われてならないし、その横の縦線の傷は机に覆い被さるように倒れ込んだ人物が床に崩れ落ちるときに腕時計でつけた傷のように思われる。
「君の推理の通りだよ」
針井探偵は私を悲しげな目で見ながらそう言った。
「警部、連続殺人事件の犯人が君、警部自身だということ。それを完璧な推理で私に指摘された君は、もはやこれまでと毒を飲んだ。おぼえてないのかね」
なんとなくそういう事があったような気がする。毒を飲んだって?それじゃあ。
「信じられないのなら、その来客用のソファーの下を見てみればいい」
私は体をフワリと浮き上がらせるとソファーの方に向かう。自分の手は半分透けて向こうが見える。ソファーの下には私の死体が寝ていた。
自分が死んでしまったことに気がついて呆然としているうちに針井探偵があらかじめ連絡していたらしく、刑事やら鑑識やらどやどやと入ってきた。誰も私には気がつかない。針井探偵以外は。
「私に霊能力があるから相手をしてあげたけど、まあ、早めに成仏してくれたほうがこちらの気が休まるんだけどなあ」
針井探偵が私にだけ聞こえるようにつぶやく。
そうは言われても連続殺人犯人が簡単に成仏できるとは思えない。成仏の前に地獄行きである。しばらくは現世にとどまって、針井探偵に取り憑いてみるのも悪くないだろう。生きている時の私は警部だっただけに私を除霊するのは難しいはずだ。
針井探偵、昔から言うではないか、警察にさよなら言う方法は、まだ見つかっていない、と。
(完)