読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おそらくは半茶のblog

流行に乗り遅れてはいかん!とブログをはじめてみたおっさんです。

蛍 麻耶雄嵩 幻冬舎推理叢書

なんか麻耶雄嵩って中毒になるね。手持ちの麻耶雄嵩の最後の一冊なのでゆっくり読みました。過去に連続殺人があった館で、またまた連続殺人が。まあ、どの作品がどうとは言いませんが、ネーミングセンスが悪いことや文章が下手なことをトリックにするというのは斬新(なような気がする。)
この作品で一番目立つトリックにはビックリしましたが、なんか他人事なのでそれほどビックリしないというのが悩ましい。(あやふやな書き方ですまん。)ほんでもって解決したはずの事件をエピローグでひっくり返して後味悪くするところが麻耶雄嵩の本領発揮でしょうか。