おそらくは半茶のblog

流行に乗り遅れてはいかん!とブログをはじめてみたおっさんです。

2005-12-18から1日間の記事一覧

日本怪奇小説傑作集 3 創元推理文庫

・「お守り」(山川方夫) アイデンティティもの。オチが明解なのが惜しまれる。 ・「出口」(吉行淳之介) なんだかわからない状況が面白い。鰻。・「くだんのはは」(小松左京) 戦時中の少年の話はうまいなあ。正体が明かされてからの畳み掛けるような展…