読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おそらくは半茶のblog

流行に乗り遅れてはいかん!とブログをはじめてみたおっさんです。

三体さん

「月と地球のように天体が二つだけの場合、その動きを計算して予想するのは簡単じゃ。これは英吉利国のニュートン翁も同意しておる所である」
三体さんは退屈さを噛み殺しながら将軍様の話を聞いていた。なんでお寺の小僧に天体物理学の話をするんだよ。て言うか今は何時代だよ。

「ところがじゃ、天体が三つ以上の場合はそれぞれの引力の影響が複雑に絡み合い、その軌道は複雑怪奇となり容易に計算する事が難しくなる。これを"三体問題"という。かのニュートン翁も賢者ライプニッツも解くことが出来なかったという。そこで名前が同じおぬし「三体」を呼んだのは他でもない。三体問題をおぬしの頓知で解決してみよ。くるしゅうない」

なんだよこれ。数学とか天体物理学の問題じゃないか。お寺の小僧に歯が立つわけないじゃん。

「恐れながら将軍様、お天道様とお月様とこの大地の動きは、仏様の思し召し、我々庶民のあずかり知らぬ所にございます」

将軍様は笑いながら尋ねた。

「三体、頓知では解けぬ……と困っておるのか?」

「御意に……ございます」

「三体問題で三体殿が苦労しておる。三体苦労す……さんたいくろーす……サンタクロース! メリークリスマス!何をボケっとしておる今日は12月24日、クリスマスイブじゃぞ。メリークリスマス!」

「あの……いつものオチは?」

「なんじゃ、いつものオチとは?」

「『打ち首じゃ』『そ、そんなぁ〜』っていう」

「今日はめでたい日、無礼講じゃ。そちもクリスマスを祝うがよかろう」

「私めは禅宗の僧侶でして耶蘇教のお祝いはチョット……」

「まあよいではないか、シャンパン呑みなはれ、七面鳥も食いなはれ」

「あいにくどちらも仏門の身には禁じられておりまして……」

「なに?ワシの七面鳥が食えぬと申すか。仕方が無い、いつものオチで落とすしかないかのう?」

「わ、わかりました。一緒に祝わせてください。メリークリスマス!」

「メリークリスマス!」


皆様に等しく幸福が訪れますように……。