おそらくは半茶のblog

流行に乗り遅れてはいかん!とブログをはじめてみたおっさんです。

本日、新幹線の行き返りで読んだ本。

悲しき人形つかい 梶尾 真治(光文社文庫)

カジシンのドタバタは、何か遠慮している雰囲気がある。


不死の怪物 ジェシー・ダグラス・ケルーシュ 文春文庫

1922年の隠れたホラー古典。クラシックな世界にどっぷり浸かるひと時もまた楽し。