おそらくは半茶のblog

流行に乗り遅れてはいかん!とブログをはじめてみたおっさんです。

ジョン平とぼくと3 ジョン平とぼくらの世界 大西科学 GA文庫

エンターテイメントの定石を踏み外して、雑文的な盛り上げを選択した作者の決断に拍手。この小説を適切に評価する言葉を捜しているところだが、なかなか見つからない。