読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おそらくは半茶のblog

流行に乗り遅れてはいかん!とブログをはじめてみたおっさんです。

スノウホワイト グリムのような物語 諸星大二郎 東京創元社

グリム童話自体が不気味な話であるから、アレンジも明快な話に整理するよりは、わからないものをわからないまま示すほうが良い。
わからないものをわからないまま描くと言えば、諸星大二郎
カラバ公爵で一ページに描かれた「長靴をはいた猫」がいいな。猫が書かれているだけなのに何故か不安になる。