読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おそらくは半茶のblog

流行に乗り遅れてはいかん!とブログをはじめてみたおっさんです。

ムーン・オーヴァー・ザ・ローズバッド ムーンライダーズ バウンディ レーベル

ジャケット写真いいね。いいね。結成30周年の本アルバム、曲はアコースティックとエレクトリックが絶妙にブレンドされた、ネオ・ニューウェイヴだそうです。シングル「ゆうがたフレンド(公園にて)」では、古いメロディーとバンドサウンドとエレクトリックの融合の結果、なにがなんだかわらない物が現出していましたが、本アルバムはどーよ。
鈴木慶一のボーカルの衰えが耳に痛い。声の張りのなさを逆手にとって、声の色合いを聞かせようとしている。完全に成功しているとは言えないが、完全に成功していないところが魅力となるところがムーンラーダーズ。結果的に歌詞がよく聞き取れなかったりするが、歌詞が意味深なので意味を取るために何度も聴きなおしているうちに、表に出ていない音のこだわりがわかってきたりする。でも長いムーンライダーズファンにとって、アルバムが傑作であるのか駄作なのかという事は全く問題ではないということに気がつきました。さも人の人生の如く在るものに似たり。我々は一体何を聴いて何を判断しているのか。
と、一回聴いただけでは結論が出せないバンドなので繰り返し聴く事になるでしょう。


追記:一日たったら、すごい傑作のような気がしてきた。