読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おそらくは半茶のblog

流行に乗り遅れてはいかん!とブログをはじめてみたおっさんです。

木製の王子 麻耶雄嵩 講談社ノベルス

主人公が事件に関与しないという驚きのミステリ(たまたま現場にいただけ)。分単位の複雑なアリバイが何故存在しえたかというトリック。シンメトリカルな家系図が意味するトリック。再読しないと真の犯人がわからないというトリック。と思って再読しようとすると主人公のヤな奴加減がひっかかって再読する気になれないというトリック。見事と言うしかないが、見事と言う気になれなさ加減も見事。わざとやってるんだろうなあ。作者のその暗い情熱がどこからやってくるのか、知りたくもあり、知りたくもなし。