おそらくは半茶のblog

流行に乗り遅れてはいかん!とブログをはじめてみたおっさんです。

「鏡像の敵」 神林長平 ハヤカワ文庫

1980年代の初期作品集。完成度としては微妙なものがありますが、いわゆる神林フィールドが堪能できた。
「私が好きな『狐と踊れ』に代表される短編群」と「長編」の橋渡し的な感触を受けた。もっと短編書いてくれないかなあ。