読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おそらくは半茶のblog

流行に乗り遅れてはいかん!とブログをはじめてみたおっさんです。

針井探偵事務所(3)

机の傷はモールス信号でもなさそうだ。机の傷が暗号でないとしたら……。ドアが開いた音がした。 「君は人の仕事場で何をしているんだね?」 針井探偵が立っていた。 「いやあ、申し訳ない。君に聞きたいことがあってね。待っていたんだがなかなか君が現れない…

針井探偵事務所(2)

事務机には真ん中に深めの丸い傷とその横に縦の浅く長い傷がついていた。 「・川」……「点川」という名字はあまりないから「丸川」?ダイイングメッセージかも。しかし誰が探偵事務所の机にダイイングメッセージを残すのだ。第一誰も死んでいないではないか。…

針井探偵事務所

安い事務机に向かって机の傷を眺めているとノックの音がした。 返事をする間もなくドアが開く。 「針井探偵事務所はここかしら」 「そうですが、あいにく」 手のひらと視線で私の言葉を遮って彼女は喋り続ける。 「針井探偵がいろいろ立て込んでいることは承…

九体~十体さん

「どうやら八体がやられたようだな」 「奴はn体さん(nは自然数)の中で平方数より1小さい唯一の立方数……」 「ここは私めが」 「球体さんがでるとなると俺の出番はなさそうだな……」 「実体さん……」 「もうお前ら自然数には任せてはおけん!全員クビだ!」 「…

八体さん

「新衛門殿、新衛門殿、お城で一番美しいのは、ど・な・た?」「はい、義満殿、お城で一番美しいのは将軍様でございます」お城の開かずの間では今宵も将軍様が新衛門さんを相手におのれの美貌を誇示しております。日本一の権力を得た将軍様がその次に欲した…

五秒後仮説

我々が世界と認識しているものは、矛盾が多い。 つじつまが合わないことが多々発生する。 この世界が確固たる世界であるというのは誤認識で、この世界は世界が形成される5秒前の世界であった。 大いなる混沌の中、局地的に発生した小さな秩序の渦のなかで …

五秒前仮説

五秒前に世界が出来たという五秒前仮説。過去に関する記憶も含めて五秒前にできたとしても我々にはわからない。例えば精巧な人間型ロボットができたとしよう。需要があるかどうかは別にして中年男性の記憶と意識を持ったアンドロイドが、自分が人間だという…

1月9日は一休さんにちなんで「とんちの日」って、そのままでとんちがきいてないし、193だから19月3日か1月93日にすべきじゃないの?

一休さんが招かれた家にわざと汚い袈裟を着て行った。 「そんな貧しい身なりの方が、高名な和尚であるわけがない」と追い返された。 一休さんはお寺で豪華な袈裟に着替え、再びその家を訪れた。 「一休和尚殿、よくおいでくださった」 「先ほど汚い恰好で来…

君の名を呼ぶ

ハリウッド映画で驚くような事がおこると主人公などがオー、ジーザス!とつぶやいたりする。あれを直訳するとオー、イエス!となり良いんだか悪いんだか混乱が発生し場面にそぐわない。監査法人が会社の不正を発見した場合にはオー、視〜察!で丁度いいかも…

七体さん

「この はし わたるべからず」七体に下された指令はこの一行だけ。古代文様が刻まれた美しい箸はその美術的価値とは別に、足利義満の政権を根幹から揺るがす秘密が隠されていた。この箸を狙う秘密結社スペクター。禅宗の小坊主である七体の正体は殺しのライ…

四体さん

「わざわざご苦労であった四体。おぬしを呼んだのは他でもない……どうした、おもてをあげい」「……」「返事がない。只のしたいのようだ。かまわぬ、打ち首じゃ」「そ、そんな五、六体な(ご無体な)」〜〜 一体さんシリーズ Fin 〜〜

使い道がない画像

作ったはいいが、使い道がない。

檸檬

会社の人から庭で採れた檸檬を二つ頂いた。日本の庭で栽培できるとは知らなかったよ。酸っぱい柑橘類はなんとなく夏のイメージがあったのだが、蜜柑は冬だし檸檬が冬になっても不思議はないはず。無農薬だしどうやって食べようか、それとも丸善に置いてこよ…

三体さん

「月と地球のように天体が二つだけの場合、その動きを計算して予想するのは簡単じゃ。これは英吉利国のニュートン翁も同意しておる所である」三体さんは退屈さを噛み殺しながら将軍様の話を聞いていた。なんでお寺の小僧に天体物理学の話をするんだよ。て言…

二体さん

「将軍様、御用というのは」あいかわらず将軍は暇でしょうがないようで禅宗の小坊主を呼び出しては難癖まがいの頓知問答を強制している。「これは二体殿、わざわざ来てくれてご苦労である」そう言うと将軍はいきなり二体の目の前で手を打ち鳴らした。「この…

一体さん

将軍の謁見場はいつものように静かな緊張感に包まれていた。将軍の機嫌を損ねれば首が飛ぶ。家臣たちの心配を知ってか知らずか、広間の真ん中で座っている小坊主は呑気な顔で辺りをキョロキョロと見回している。「よう来てくれた一体殿。おぬしが当代きって…

下書きを保存したつもり

下書きを保存したつもりで破棄してしまったらしい。あのテキストデーターはどこかに飛んでいってしまった。

ここにタイトルを入れます

昨日の記事のアクセス数が5だったので反省している。そのうち3は自分のアクセスなので、このブログの読者は2人であることが判明した。悲しい事実である。こんなにもアクセスが少ないというのは、何が悪かったのだろうか。俺か?俺が悪いのか? たとえそうだと…

歩きスマホは危険です

最近、駅では「歩きスマホは危険です」という表示をよく見かける。 確かにスマホを操作しながら歩くと周りに注意が行き届かないため人にぶつかったり、ホームから転落したり、階段を転げおちたり、ラジバンダリ(いまどき?!) このように歩きスマホでは思…

桃太郎の旗

桃太郎が掲げている「日本一」の旗には根拠があるのであろうか。鬼退治に出発するまでに、彼が日本一である事の裏付けは示されていない。鳥獣を手なづける事ができるきびだんごは他にないから、きびだんごは日本一かもしれない。しかし日本一の桃太郎と名乗…

大浴場

朝までベッドに座ってテレビを眺めているわけにもいかないので、風呂に入ることにした。ビジネスホテルには珍しく大浴場があるということなので部屋を出てエレベーターに向かう。節電のためか廊下は薄暗く窓の外は暗闇で何も見えない。私の泊まっているのは…

お茶でも

お茶でも飲むか。 出張。駅前の定食屋で早めの夕食を食べたらもうやることがない。駅前にはポツポツと飲食店があるくらいで遊ぶ場所もみつからなさそう。駅前道路をすこし外れるともう街灯もなく暗闇が広がる。駅前即住宅街というのは便利そうでいいな。田舎…

朝からの雨とマッドマックス

朝から雨が降っていたせいか気が塞いでいたが、午後から晴れたせいか少しは気が晴れた。気分は北斗の拳に出てくるモヒカン。ヒャッハ〜と叫んで仕事したい気分だが残念ながら退社時間だからかえらねばならぬ。気候と気分が密接に関係していることはよく知ら…

日曜日の夕暮れのコーヒー屋

日曜日の夕暮れのコーヒー屋から外を眺めていると電車から吐き出された人達が、家族のお出掛けから戻った人達が、お買い物の袋を抱えた人達が、仕事から戻る人達が、よそ行きの格好をした人達が、ライトを点灯した自転車に乗った人達が、スクーターを押しな…

ヘンペルのカラス

「ヘンペルのカラス」カラスは黒いという命題を証明するためには、カラスを調べる必要はなくて世界中の黒くないものを調べれば証明できるというパラドックス。 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%98%E3%83%B3%E3%83%9A%E3%83%AB%E3%81%AE%E3%82%AB%E3%83%…

久しぶりに自宅に仕事を持ち帰ろうと

久しぶりに自宅に仕事を持ち帰ろうとUSBメモリに書類をコピーしたのだが、肝心な紙の資料を会社に忘れた。休日出勤しなくてすむようにデータを持って帰ったのに、休日出勤して紙の資料を取りにいくのは本末転倒のような気がする。

またテストかい

アンドロイド端末を手に入れたので、書き込めるかのテスト。とりあえず、週の始めはストレスがかかるというものである。 ストレスをなくす努力をしなければ。 すると結果としてストレスレス。 ストレスレスです。まっすぐに……ストレートストレスレスれす。真…

メルカトルかく語りき/麻耶雄嵩

「ほかのあらゆる可能性がダメだとなったら、どんなに起こりそうもないことでも残ったものが真実」というホームズの方式を拡張していったらこうなりました。三角形の内閣の和が180度でないなんてありえない!と言っても非ユークリッド幾何学では無矛盾で成立…

MacBook Air 11インチ欲しい! いや、まじで。

ラミエル風

折り紙というほど折り込んでいないし、ラミエルの形もちゃんと反映していない。 ここらへんが私の限界です。

テスト

正十二面体スピーカー作成のテスト。とりあえず厚紙で作ってみる。サイズが小さいため、エンクロージャーの効果まったくなし。一個だけ作ってアンプに接続して通電したらアンプから火が出た。アンプ再起不能。まあ900円のキットだからいいか。ちゃんと説…

お盆休みも今日で終わりというのに、なぜ会社で仕事をしているのだろう。冷房も効いていないのでプチサウナ状態。汗が出きったところで会社を出る。外のほうがまだ涼しい。 帰宅途中でビックカメラに寄り、カセットウォークマンを購入。押入れからカセットテ…

K-20DVDを視聴。明智小五郎が華麗な推理を一向に披露しないのでは、怪人二十面相も張り合いがなくて困るだろうと思われた。主人公の遠藤平吉(金城武)はいい味を出していたなあ。財閥のお嬢様(松たか子)は、10代の役柄であろうことが悔やまれる。 なん…

本日、新幹線の行き返りで読んだ本。悲しき人形つかい 梶尾 真治(光文社文庫)カジシンのドタバタは、何か遠慮している雰囲気がある。 不死の怪物 ジェシー・ダグラス・ケルーシュ 文春文庫1922年の隠れたホラー古典。クラシックな世界にどっぷり浸かるひ…

予告探偵 木塚家の謎

予告探偵 木塚家の謎 太田忠治 中央公論新社 謎が発生することを察知し、予告状を送りつけ謎を解決する摩神尊。 で、予備知識無しで読み始める。5作品収録で、2番目から4番目までは1953年〜2135年の事件。ワトソン役の木塚の下の名前が変わっていくことにし…

勝者に報酬はない・キリマンジャロの雪

勝者に報酬はない・キリマンジャロの雪―ヘミングウェイ全短編〈2〉 (新潮文庫) (文庫) 冒頭の「嵐のあとで」が特に素晴らしい。 いきなり夜の酒場の喧嘩で首を絞められているという息苦しい場面から開始。嵐を挟んで大海原に一人という開放感。沈没船とその…

Stop Making Sense Talking Heads

1984年のライブの様子を記録したドキュメンタリー映画『Stop Making Sense』のサントラ盤。 なんか、いきなりトーキングヘッズのマイブームが来たので購入。黒人白人混成のリズム隊いいね。 って、歴史的名盤なんだから私の解説なんか不要。

FLYING SAUCER 1947 ハリー細野&ザ・ワールド・シャイネス

テクノに飽きた細野晴臣が、自分のルーツであるカントリーを演奏する。 マジにカントリーやってます。昔のマイクを引っ張り出して録音しているので、昔の音だけれども全体的にクリアな録音という、妙な音場になっています。妙だ。 (細野的)HIPHOPの「ボデ…

不確定世界の探偵物語 鏡明 創元推理文庫

本が読めない奇病に罹患してしまったので、リハビリがてら既読の本を文庫化の機会に再読。というか雑誌掲載時にも読んでいるので三度目か。 タイムマシンで過去を改変しまくっているので、現実世界がころころと改変されてしまう世界に生きるハードボイルド。…

霧の壁 フレドリック・ブラウン 創元推理文庫

射殺された祖母の死体のそばから警察に電話した僕は、記憶喪失だった。 殺したのは自分か? 1960年初版。田中小実昌訳 アリバイがあったため釈放された主人公は、見覚えの無い知人達を訪ね回る。 サスペンスとしてよく出来ている。主人公の性格設定と、トリ…

夏期限定トロピカルパフェ事件 米澤穂信 創元推理文庫

自分を偽り小市民を目指す少年と少女。 前作「春季限定」の設定からしますと、あらかじめ予告されていたと言えなくもないですが、さて秋季限定がどう書かれるのか、それともこれで終わりなのか。わくわく。

嘘つきみーくんと壊れたまーちゃん―幸せの背景は不幸 入間人間 電撃文庫

小さい頃誘拐・監禁されて精神が不安定になった二人を描くところのライトノベル。ミステリ的仕掛けがあるのだが、テーマに沿って有効に機能しているとは言えないところが惜しい。別に仕掛けがなくてもよかったんじゃないか。いわゆるオタク的気の利いた台詞…

ジョン平とぼくと3 ジョン平とぼくらの世界 大西科学 GA文庫

エンターテイメントの定石を踏み外して、雑文的な盛り上げを選択した作者の決断に拍手。この小説を適切に評価する言葉を捜しているところだが、なかなか見つからない。

言葉の常備薬 呉智英 双葉文庫

知らないことばかり書かれていて勉強になる。

新幹線の中で読書

ゲド戦記を読む

DVD発売記念のフリーペーパー。ローソンで貰う。レジの人に話が通じず苦労する。レジの下に隠してあった。ゲド戦記は一巻だけ読んだかなぁ。

大久保町は燃えているか 田中哲弥 ハヤカワ文庫

前作では西部の町だった大久保町が、ぬけぬけとナチスに占領されている。で、前作と同様に抜けている主人公が巻き込まれるわけです。この「ぬけぬけと」感は、一回はまると癖になるね。で、天候の悪い日の飛行機の中で読んでいて、これで墜落すると人生最後…

Self-Reference ENGINE 円城塔 早川書房

文學界新人賞を受賞したんで、とりあえず出版しとくか。といった感じを受けたのだが。 冒頭から引用 全ての可能な文字列。全ての本はその中に含まれている。 しかし、とても残念なことながら、あなたの望む本がその中に見つかるという保証は全くのところ全然…

天使の牙から ジョナサン・キャロル 創元推理文庫

愛すなわち生きることのすばらしさを歌い上げた直後に死すなわち絶望の淵に叩き落とすその繰り返しに船酔い状態。しかしながら、愛は虚構であるし、生きている限り死には出会えないから死もまた虚構である。って、感想にも何にもなっていないなあ。途中で警…